チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

wish listの下書きで気づいた 2つのこと

こんにちは、ぴるくるです。

2019年度版の逆算手帳を書くために、

ちょっとずつ、ちょっとずつスプレッドシートに

やりたいことリストを作り、メモをしてきました。

去年もやっているから、余裕で100超えるでしょう!

と思っていたのですが、なかなかそうもいかなくて、

自分でびっくりしています。

f:id:urukurip:20181022170345j:plain

100個書けない現象

去年はブログに書いたもの以外にも、

どんどんやりたいことが見つかり、書き足していくうちに237まで

wish listが書けました。

だから、今年も100個ぐらい余裕で書けるでしょう♪

なんてお気楽に考えていました。

しかし、書けない。

自分でトリガーとなる質問を何個か持っているのですが、

それでもなかなか出てこない。

 

これって、たぶん、ある意味自分が成長したからなんだと思います。

去年の私は、子どもみたいに無邪気にあれもやりたい、これもやりたい!

ってどんどん出てきていたのです。

そして、実際にやってみたのです。

中には、やってやったぜぃ!イエイ!!

っていうものもあるのですが、大半は、

あれ?これ、なんか違ったなぁ。って思ってしまったのです。

 

実際にやってみて、違ったものはそぎ落としていく。

木の剪定作業みたいなものでしょうか。

残った幹を太く、強くするため、いらないものはそぎ落とす。

そうすると、なかなか100個は書けないのですが、

書いている内容は去年よりも、濃くなっている気がします。

 

手で書くことで、覚悟が決まる

それでもある程度、wish listのメモがたまったので、

今度は逆算手帳のwish listのコピーに下書きしていく作業をしました。

 

その時、不思議なことが起きました。

 

スプレッドに書いているメモには

”井川遥さんみたいな美人スマイルできるようになりたい

と書いていたのに、コピーに下書きしていくと

”井川遥さんみたいな美人スマイルできるようになる

と断定的な書き方になりました。

 

特別に意識していたわけではないのですが、

メモするときは、ふわっと浮かんだものをそのままメモするだけなので

「~のようになりたいなぁ」「~になったらいいなぁ」

なんて思った通りに書いていました。

 

でも実際に紙に書くと、自然と断定的な書き方になってきました。

中にはそのまま「~したい」というものもありますが、

「~する」に変わるものの方が多かったです。

 

まとめ

まだまだ、下書き段階で100個に満たない状態なのですが、

去年との違いを感じつつ、楽しく書き出しています。

完成するにはもうちょっと時間がかかる気がしますが、

変化を楽しみつつ、今年の自分に向き合っていきたいと思います!

 

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク