チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

一人帰りの危険性を把握できなくて後悔した話

こんにちは、ぴるくるです。

最近雨がすごいですね。ゲリラ豪雨っていう域を超えている気がします。

昨日は運悪く、そんな豪雨の中娘を一人帰りさせてしまった
反省をしたいと思います。

よければお付き合いください。

地域のイベント 

先日PTAの方から、「市民センターでバトミントンやってるよ」ということを教えてもらいました。

市民センターは家から3分ぐらいで行ける距離にあり、子供のみの参加でも大丈夫ということで、娘はお友達と一緒に行くことにしました。

平日に開催されているものなので、学童を4時に出て市民センターへ向かうよう伝えていました。5時には帰るようにも伝え、家の鍵を持たせました。

 

家から3分ぐらいのところだからと油断して、キッズ携帯を持たせていませんでした。

悪天候

朝の天気予報を注意してみていなかったのですが、午後から雨が降るということは把握していました。学童に置き傘あるから、いいか、ぐらいの軽い気持ちで見送りました。

しかし実際は4時からすごい雷が鳴り響いていました。

そして、5時から強烈なゲリラ豪雨が降りだし、車も揺れるぐらいのすごい風も相まって、嵐のような悪天候になりました。

 

 

娘は 傘一本ボッロボロになっただけで、無事 家に帰ってきていました。

着ていたものはびしょ濡れになったのか、一人でシャワーも浴びて、パジャマに着替えて、動画を見ていました。

反省点

まず、雷が鳴った時点で、学童に電話して、娘に行くのをやめるよう伝えなければいけなかったと思いました。

雷ぐらい、と思って油断していたけれど、昨日の雷は花火大会のようになり続け、なんどか近場にも落雷していて かなり危ない状態でした。

そんな中、子ども二人で行かせたこと、とても後悔しました。

 

そして、キッズ携帯を持たせなかったことを、とても後悔しました。ゲリラ豪雨になった時点で、やばい!と思ったものの、その市民センターへの通信手段を思いつかず、職場からあたふたして、なんとか旦那さんに定時で帰ってもらうことぐらいしかできませんでした。(後から考えたらネットで調べればよかったと思いました)

市民センターには大人の方がいるから、この悪天候の中帰ることは止めてくれるだろうとは思っていましたが、万が一を考えて、でも何もできない状態に胃が痛くなっていました。

 がんばった娘

家の前にボッロボロの傘があったので、一瞬ドキッとはしたのですが、

家の中では旦那さんと娘はのほほ~んと動画を見ていました。

大事がなくて、心底安心しました。 

話を聞くと、5時に帰ろうとしたけれど、周りの大人の方が止めてくれたみたいでした。

しかし、雨が多少弱まった5時半にお友達と帰ってきたそうです 。

その時も弱まったとはいえ雨も風も強く、傘はぼろぼろになるし、服も濡れてしまったそうです。

帰ってから一人でシャワーを浴びたそうです。

そして大雨のなか、洗濯物まで取り込んでくれていました。

旦那さんが帰った時点では、すでに動画を見ていたそうです。

 

一人で無事に帰れたこと、一人でシャワーを浴びれたこと、
洗濯物を取り込んでくれたこと、すっごくすっごく褒めました!

 

よく頑張ってくれました!

 

結果オーライで終わらしてはいけない

娘は悪天候の中、よく対応できました。

でもそれは、本来なら危険なので、させてはいけないことでした。

万が一、雷が傘に落ちたら?

万が一、急に近くの川が氾濫してきたら?

ありえないことが、ありえてしまっている昨今、
うちだけは大丈夫だなんて言えません。

十分に注意しなければいけません。

  • これから一人帰りをさせるときは、必ずキッズ携帯を持たせること
  • 一人帰りの時の天気予報は必ず確認すること
  • ゲリラ豪雨になりそうなときは、一人帰りは中止にして学童にいること
  • 移動中にゲリラ豪雨にあったら、近くの雨宿りできるところに避難して動かないこと
  • 何かあったら携帯で連絡すること
  • 楽しいことよりも命を守ることを考えること

これらのことを娘に伝えました。

説明しているときに、どうしても必死になってしまい、娘がしたことを否定しているように聞こえてしまったのか、悲しそうな顔をさせてしまいました。

私の気持ちが高ぶりすぎていたのでしょう。

こういう大事なことは、防災と同じように、なんでもないうちから

家族間で話し合った方がいいんだろうな、と思いました。

 

まとめ

今回の件で 私が心配するよりも、しっかりとした考えで行動できていた娘に
とにかく感心しました。

そして そんなに立派に育った娘を命の危険にさらすようなことは、今後するまい、と固く誓いました。

まだこれから台風が来ますね。

外出する際はくれぐれも気を付けていきましょうね!

ということで、今日もToi Toi Toi!

 

 

スポンサーリンク