チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

西日本豪雨から学んだこと‐情報収集‐

こんにちは、ぴるくるです。

この度は、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

 

私は18歳まで愛媛県で育ちました。

今は東京で暮らしているのですが、

今回の災害からいろいろ学ぶことができたので、

備忘録として、書かせていただきます。

f:id:urukurip:20180711105144j:plain

 被災地の情報収集の仕方

私の地元が被災していました。

しかし、そのことを知ったのは8日の夜。

テレビでは岡山の倉敷市の冠水した情報はいっぱい流れていましたが、
愛媛の情報は死者が〇〇名、行方不明者が〇〇名という報道だけでした。

しかし、愛媛の怒和島で死者がでたとき、その報道が出たのです。

 

怒和島は地元から近いところでした。
南予の方が雨がひどいということは知っていたのですが、
実は地元地域も避難指示が出るくらい危険な状態だったそうです。

 

その時テレビでは報道されない地元の情報をどうやって収集したのか。

yahoo天気

基本ネットのホーム画面をyahooにしている前提でお付き合いください。

 

まずは、yahoo天気から

警告・注意報の画面に行きます。

f:id:urukurip:20180711095551p:plain

次に見たい情報の地域を選択します。

f:id:urukurip:20180711095637p:plain

どんどん地域を絞ってみていくことができます。

トップページの検索画面で検索し、
警報が出ていたら、そこから見ることができます。

f:id:urukurip:20180711100127p:plain

 

twitterで検索

yahoo天気で地元に避難指示が出ている、と知ったら、

地元がどういう状態であるかということが知りたくなります。

しかし、相変わらずテレビには出てきません。

そんな時はSNSを活用しましょう。

アカウントを持ってなくても大丈夫です。

yahoo!の真ん中らへんに話題なうで検索していきましょう。

f:id:urukurip:20180711114811p:plain

f:id:urukurip:20180711115437p:plain

 

誰かしらtwitterに画像を載せてくれています。

ピンポイントの地域で探すのが難しければ、

周辺地域名で探すのもいいかもしれません。

 

検索したキーワード

住所をそのまま検索してもあまり出てきません。

〇〇町だったら〇〇だけで検索する方が出てきます。

地元の人の呼ばれ方で検索するのがいいとお思います。

私は”〇〇 避難”や”〇〇 大雨”、”〇〇 豪雨”

など、twitterに画像を上げてくれる人だったら、

こういうキーワードつけていそう、というので検索しました。

しかし〇〇だけだと、ほかの地区町村と区別がつきにくいので、

注意が必要になります。

 

地元新聞社やテレビ局のHPを確認する

全国ではのってこない情報でも、地元のメディアの方は

必死に情報提供しようとして頑張ってくれています。

刻々と被災者の需要や置かれている環境が変化していくでしょうから

最新のきちんとしたソースの情報が必要となってきます。

都度確認して自分にできることを考えていきたいと思います。

 

 

 まとめ

 

私は上記の方法で地元の被害状況を知りました。

 

直接現地の友人に連絡して情報を教えてもらうことも考えましたが、
状況がわからない状態で、もし友人が避難しているとしたら、
そんな連絡迷惑でしかないと考えたから、上記の方法で情報収集しました。

  

地元も一部土砂災害があったけれど、
大部分は大丈夫そうだということを知り、
火曜日に友人に連絡を取りました。

無事が確認できただけでも安心しました。

大丈夫とわかっていても、
月曜中は気持ちがワサワサして落ち着きませんでした。

 

私の両親は北海道で隠居暮らしをしているのですが、
父の兄(私の叔父)夫婦は愛媛にいます。
連絡をして無事を確認していたのですが、
両親はそれ以外の地元の情報は持っていませんでした。

 

父の地元でもあったので、私が知りえた情報から
地元の知り合いに連絡してみる、と言っていました。

 

今回書いたことはできる人は、当たり前にできていると思うのですが、
周りにもし災害の情報収集で困っている人がいましたら、
やり方を教えてあげてほしいと思います。

 

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク