チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

【多分絶対】ビーズクッションを詰め替えるのはやめたほうがいい!

こんにちは、ぴるくるです。

家には、2年ぐらい前に買った”人をダメにするクッション”があります。

1個目はリビングに置いて、主に娘が占領していました。

半年ぐらい前に、旦那さんもクッションがほしいということで2個目を購入。

2個目は旦那さんの部屋にずっとあったのですが、

あるとき、リビングに持ち出してきました。

するとどうでしょう。。。

1個目のヘタレ具合が目について仕方ありません。

そこで、1個目のビーズクッションに、ビーズを補填することにしました!

f:id:urukurip:20180605165130p:plain

人をダメにするクッション

これ、本当にいいですよ。

コタツ派の我が家では、無駄に幅を取るソファを捨てて、

このクッションを使っていますが、

最高に心地よいです。

娘と私でよく奪い合いながら使っています。

(たいてい娘が勝ちますが。。。)

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T

 

しかし、心地よすぎて、娘も私もよく使うものだから、

当初よりも2/3ぐらいにへたって来ちゃったのです。

うっすらそんな気はしていたのですが、

旦那さんのクッションと並べてみて一目瞭然となり、

1個目の方にビーズを補填することにしたのです。

 

注意はちゃんと聞くべき

ビーズを補填するにはどうしたらいいか、調べるじゃないですか。

するとみなさん、

ビーズが飛び散って、大変なことになるからやめておけ!

って書かれているんですよ。

 

 

まぁね、あなたがやったら、そうでしょうけど、

上手にやったら、そんなことにはならんでしょう(笑)

 

 

ってね、思ってしまったのです!

 

 

 

結論から言いますとね、

 

 

 

マジでやめたほうがいい!!

あなたの悲しむ顔は見たくない!!

 

です。

 

私に起きたこと

さて、ここまで読んでも、まだ自分で補填しようと思っていませんか?

しょうがないですねぇ。

私の身に起きたことを聞けば、辞めておこうと思いますよ。

私は地獄を見たのですから。。。

用意したもの

  • くたくたのビーズクッション
  • 補填用ビーズクッション(え?)
  • ラップの芯(固い筒状のもの)
  • ガムテープ
ビーズクッション アースカラーコロン ブラック CO-5512AW

ビーズクッション アースカラーコロン ブラック CO-5512AW

 

用意せざるを得ないもの

  • 掃除機
  • コロコロ(粘着ごみ取りシート)

 

あるといいもの
  • 強い心

補填用のビーズクッションって500gか1㎏しか見つからなくて、

だったら最初から小さいサイズのミニクッションで補てんしたらいいや

と思って、小さめのビーズクッションを購入しました。

4000円ぐらいで1.6kg入っているとのことでしたのでちょうどいいかと。

 

やり終えてから思ったのですが、この作業、軽い気持ちでやったらだめです。

何が起きてもへこたりない、強い心があった方がいいでしょう。

作業開始

下調べに寄りますと、ビーズが飛び散る可能性があるとのことでしたので

ベランダで作業することにしました。

補填用に買ったビーズクッションのダンボールに

くたくたになったクッションを入れ、作業しました。

カバーを外し、本体を取り出すと、ビーズを入れる入り口がありました。

ビーズが漏れないようにダブルチャックになっていました。

f:id:urukurip:20180604172214p:plain

奥のチャックを外した段階で、手にビーズがくっつきだします。

 

次に補填用のクッションも同様に入口を取りだし、

その中にラップの芯を入れ、漏れないようにガムテープでぐるぐる巻きにします。

f:id:urukurip:20180604172332p:plain

がしかし、ぐるぐる巻きにする段階でビーズがまとわりつき、

まともにぐるぐる巻きにできない。

 

あれ、おかしいぞ?

 

この時点で想定外の事態。

周りに細かく零れ落ちるビーズたち。。。

 

ここでやめるわけにはいかない!と思い、次の段階へ

くたくたクッションと補填用クッションの入り口同士をラップの芯をいれ補填。

 

あれ?ちゃんと入っているかな?

 

と覗き込んだが最後、ビーズが外へダダーッとこぼれ落ちていきました。。。

 

「ま、まだこのぐらい、あとで掃除機で掃除したらいいや!」

 

と自分を奮い立たせ、作業再開。

 

補填用のクッションが重く、姿勢を変えるたび零れ落ちるビーズたち。。。

挙句に、娘も「手伝う!」といって私からクッションを奪い

想像通り零れ落ちるビーズたち。。。

 

なんとか、涙をこらえながらビーズの補填作業が終わるも、

周りにビーズがくっついているので、家に入れられず、

心が折れていたのでその日の作業はここまでにしておきました。

娘にはクッションがないことをブーブー文句を言われ、

イライラしましたが、疲れ切っていたのでお風呂に逃げました。

 

次の日ベランダを見ると、引き続きの惨状がそこにはありました。

補填されてむっちり感が戻ったクッションを

ひたすらコロコロ、コロコロ。。。

コロコロしても静電気でビーズがくっついてきりがない。

最後はもう、多少ついててもいいや、という心持でカバーをかけ終了。

 

地獄の後始末

残るは零れ落ちたビーズの掃除。

 

スティック掃除機で掃除していたのですが、

我が家のスティック掃除機は紙パック式なのです。

それがいけなかったのだと思います。

 

なんとか私に起きた悲惨な状況を現そうとしたのですが、

こんなんで、伝わりますかね?

 

f:id:urukurip:20180605160815p:plain

これが1回だけならまだいいのですが、

おバカな私は2,3回やってしまったのです。

 

いまだにベランダには、

このクリーナーでは吸い取れなかったビーズが落ちているし、

クリーナーのホースにくっついていたり、

リビングの端っこに何個か落ちていたりします。

 

掃除してもどこからか出てくるんです!

奴らが!!(T^T)

 

まとめ

 

ということで、ビーズクッションは

多少高くても、買い直した方がいいでしょう。

補填に失敗したら、心も体も根こそぎ持って行かれてしまいますから。

くつろぐためのクッションに、心も体もやられてしまっては、

本末転倒もいいとこじゃないですか!

だから本当に

ビーズクッションの詰め替えはやめましょう!!

 

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク