チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

ちゃんと走るなら、足の計測して足に合ったシューズを買った方がいい!

こんにちは、ぴるくるです。

前に爪下血腫になった話を書きました。読んでくれた人の中にもランニングで同じ目にあった人がいました。ランニングって簡単に始められるイメージでしたが、実は知っておかないと危険なこともいろいろあるみたいなので、これから何回かに分けて、自分で調べた範囲のことをお伝えしたいと思います。

まずは自分の足の形にあった靴の選び方についてご紹介しようと思います。

 爪下血腫になった時の話はこちら↓↓↓

www.urukurip.com

簡単に始められると思っていたランニング

私がランニングを始めようと思ったきっかけは、ダイエットでした。ダイエットするためには運動が必要だ。ジムに行く時間はないから、とりあえず簡単に始められるランニングでもしよう、と思い走り始めました。

しかし、習慣づいてきたのはいいものの、ランニングに関しての知識はほぼゼロでした。ただ、走ればいいんでしょ?ぐらいにしか思わず、とりあえず走り始めたのです。

しかし走るにつれて、いろいろ痛いところが出てきました。

すね、ひざ、足の指、腰。。。

痛くなっても、普段使っていないから痛くなっているんだ、ぐらいにしか思っていませんでした。しかし、軽い気持ちで旦那さんに言うと、「それ、危ないよ」と言われてしまったのです。旦那さんはジムに通っていたこともあるし、一時期は”TARZAN"の読者でした。

Tarzan (ターザン) 2018年3月8日号 No.736 [やっては、いけない!] [雑誌]

Tarzan (ターザン) 2018年3月8日号 No.736 [やっては、いけない!] [雑誌]

 

 旦那さん曰く、「ランニングでどこかしら痛くなるのは靴があっていないから、だそうで、ちゃんと自分に合った靴を履かないと、けがの原因にもなるよ!」と言われました。(内心、前のシューズ買うときに言ってくれ!と突っ込んでいたのは内緒)

そこでちょっとだけ靴について調べてみることにしました。

ランニングシューズには3つのタイプがある

  1. クッション系
  2. トレーニング系
  3. レース系

 名前の通りなのですが、それぞれの用途別にランニングシューズが作られているみたいで、用途に合わせて靴を選ばないと、足を痛める原因にもなるそうです。

クッション系

その名の通りクッション性能の高さが特徴のランニングシューズです。

クッションがあることによって、フォームの定まらない初心者のトレーニング中に生じる足への負担を軽減してくれます。舗装された道路で走る場合、体重の3倍の重力がかかってしまうので、初心者であれば、少しでも衝撃を和らげるためにクッションがある方がいいそうです。

しかしその分靴自体が重くできているので、レースなどに出て記録を出したい人には向いていないそうです。

トレーニング系

ある程度走れるようになった中級者用のランニングシューズで、クッション系の衝撃吸収性能と、レース系の軽量性を併せ持つのが特徴です。
足への密着性が高く、ランニングシューズがしっかりと固定できるため、より走りやすくなっているそうです。

しかし、クッション系に比べてソールが薄いので、衝撃が足に来やすいので、フォームがある程度定まった人でないと、足を痛めやすくなってしまうそうです。

レース系

上級者向けのランニングシューズです。衝撃吸収性を犠牲にし、軽量することを重要視して作られています。長距離走るときには靴の重さが負担に感じることが多いとのことで、レースなど、記録を狙っている人であれば、こちらのランニングシューズを選ぶでしょう。

しかし初心者が軽いシューズがいいから、といって安易にこちらのランニングシューズを選ぶとトレーニング系よりもさらに衝撃吸収性がないので、けがに直結しやすくなるそうです。

参考サイト

ランニングシューズのタイプや種類 | ランニングシューズ専門ページ | ピントル

 

私が狙うランニングシューズ

 

爪下血腫となったことをきっかけに、靴があっていないということを知り、新たに買うことになりました。なので、10キロ走れるようになったということで、走ることも習慣づいてきたし、トレーニング系のランニングシューズを買おうと思います。

スポーツ用品店で実際に測ってもらった

スポーツ用品店であれば、足の計測ができるようになっているところが多いと思います。私が行ったところでも、専門スタッフが計測してくれるそうで、旦那さんと一緒に計測してもらいました。

その結果がこちら↓↓↓

f:id:urukurip:20180305171959j:plain

判定

左足のかかとに圧力集中があります

左足の重心が前に偏り気味です

とのことでした。

私はいつも23.5cmの靴を買っていたので、24cmあることにびっくりしました。

甲は普通のEEなので、普通の靴で大丈夫だそうです。本当は計測してくれた専門スタッフの方にいろいろお話を聞きたかったのですが、その日は他にもお客さんがいたので、サイズの計測だけしかしてもらえませんでした(残念!)

圧力分布図に指のところがないのでそこのところもききたかったのに!

私の買ったランニングシューズ

計測してくれた人が唯一教えてくれたのはサイズ。私の場合、24.5~25.0のランニングシューズを買った方がいいとのことでした。

スポーツ用品店では先ほどの3つのタイプに分けて靴を展示してあるため、トレーニング系からすんなりと選ぶことができました。

今回購入したのがこちら↓↓↓

せっかくショートパンツをナイキで合わせたので、今回もナイキにしてみました。(ただ合わせただけで、思い入れはあまりない)

色も元気の出る黄色でかっこいい!

何より決めてだったのは、お値段!!

f:id:urukurip:20180306095721j:plain

セール品で8,500円が5,546円!!

それでも前回買ったランニングシューズよりはよっぽど高い!!
いい買い物ができたと、満足しています^^v

まとめ

本当はランニングシューズの履き方まで書こうと思っていたのですが、ちょっと長くなってきたので、次回書こうと思います。

たかが、ランニング、されどランニング!知れば知るほど、いろんなものがほしくなって、しまうのですが、まずは最低限必要なものを、きちんとしたものでそろえることが大事ですね。

ということで、今日もToi Toi Toi!

 

スポンサーリンク