チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

私のLife GYAKUSAN・10Years GYAKUSANができました

こんにちは、ぴるくるです。

昨年末のセミナーまでにLIFE GYAKUSANと10年GYAKUSANを書き上げることを約束していました。頑張って約束を果たしていたのですが、残念ながら公開することをすっかり忘れていました。

セミナーの後の望年会でちょっとだけお披露目したのですが、自分なりによくできたページになったので、もっと自慢したくなり、ブログにものせちゃおうと思います。

f:id:urukurip:20180109101805j:plain

 

LIFE GYAKUSAN

f:id:urukurip:20180108145400j:plain

私のライフ逆算はこんな感じになりました。

下書き段階で、なぜか悶々としていて、なかなか清書にうつせませんでした。手帳についているお手本を見ながら書いていったのですが、”なんか違う”と悩んでいました。
しかし、ワクワクイメージも書くアイディアを思いついてからはすぐに清書することができました。視覚優位な私には見開きだけのページでは、ワクワク感と写真の量が足りなかったのです。

なのでページを一枚増設しました。

セミナーでは「柱を増やしすぎると大変になる」ということを言われていました。
そこで私は柱を3つに絞りました。

書き方としては、一つの柱について3行使い、一行に柱のメインどころ、真ん中の行に柱に対してのイメージしやすい写真、もう一行をワクワクイメージにしました。
写真を増やすことによってワクワク感が増え、何度でも見返したくなるLIFE逆算ができました。

10Years GYAKUSAN

f:id:urukurip:20180108145336j:plain

影があり、見にくくてすみません^^;

最初は全然かけなくて空白部分が多く、下書きを何度も書きました。空白部分を見るたびに、私の夢がいかに抽象的で現実味がないかということを突き付けられているようで、打ちひしがれていました。
しかし、ワクワクイメージを書くアイディアが生まれてからは、より、やりたいことを現実的に考えることができてきました。ありたい姿を想像して、こういう風になるには、こういうことをしていけばいいんじゃ、とアイデアがわいてきます。

ありたい姿を具体的にイメージすることって本当に大事なことだなぁと感じました。

まとめ

 清書するまでに一番時間がかかったと思われるLife GYAKUSAN・10Years GYAKUSANでしたが、書ききることで、VISIONと相まってワクワク度を増すことができました。

夢を現実に落とし込む作業は大変なことですが、夢を実現させたいのであれば、大事な過程だと思いますので、頑張って清書してみてくださいね!

ここをきちんと書くことで、行動に移しやすくなると思います。

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク