チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

浮かれて名刺を作ってみた話

こんにちは、ぴるくるです。

今日でお仕事最後です。大掃除も無事に終わり、クリスマス関連グッズの片付けも終わりました。今年もあとわずか。あとはのんびり過ごしたい。

とは思っているのですが!なかなか、どうして、やることがまだいっぱいでてんてこ舞いでございます!なぜって?そりゃ、明日逆算手帳のセミナー&望年会に参加するからですよ!!

リアルな場に初参加

逆算手帳のセミナーを過去に受けたことはあるのですが、いつもzoomでの参加でした。いくら東京とはいえ、開催場所まで小1時間はかかり、午前中だけのセミナーでも有給(全休)使わないといけないのです。でもzoomでのセミナーだと家に居ながら受講できるので、半休で済みます。なので、今までリアルでは逆算ユーザーとお会いしたことないのです。

でも今回、29日に逆算手帳のセミナーを一日ですべてやり、かつ逆算ユーザーで望年会をしようという企画がありましたので、思わずポチっとしてしまいました。

【冬の逆算祭り!】ビジネス書著者による「逆算手帳」ガントチャートセミナー@東京代々木 | Peatix

逆算手帳のセミナーは全部で4つあり、すでに2つは受講済みでしたので、午後から2つセミナーを受け、望年会までお邪魔させてもらうことにしました!

幸い旦那さんも29日からお休みなので、娘をお願いすることができたのもよかったです。(娘は若干嫌がっていますが、クリスマスプレゼントの練習に付き合うことで手をうってくれましたw)

浮かれて名刺を作ってみた

逆算手帳のセミナーに行くには、せめて前回までのセミナーの宿題だった10年GYAKUSANまで完成させていきたいところなのですが、もう一歩のところで止まってしまいました。

気分転換に、リアルな場所なら名刺作りたい!と思ってしまったのです。前回リフレクションのイベントの時、自分の名刺があったなら、と悔しい思いをしたので、今度こそは、とさっそく名刺作りを始めてしまいました。f:id:urukurip:20171228181914j:plain

 

www.urukurip.com

 

用意するもの

  • タブレット
  • プリンター
  • 名刺用紙
エーワン マルチカード 名刺用紙 両面 クリアエッジ 厚口 フチまで印刷 100枚分 51677

エーワン マルチカード 名刺用紙 両面 クリアエッジ 厚口 フチまで印刷 100枚分 51677

 

書く内容

実は私、今まで名刺作ったことないのです。必要とするような仕事をしてこなかったからなのですが、いざ名刺作ろうと思っても、なにを書けばいいかわかりませんでした。

なので書く内容を調べてみました。

一般的な名刺
  • 名前
  • 読み方
  • 会社名
  • 所属部署
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

名前はいいとして、本業の会社名載せたって、なんの意味もありません。

次に”ブロガー 名刺”として検索してみました。

  • 名前
  • 読み方
  • なにをしている人か
  • ブログURL
  • ブログアイコン
  • ブログのQRコード
  • 各SNSのID

こんな感じでした。

知らなかったのですが、QRコードってとっても簡単に作れるものなんですね!

こちら↓↓↓でブログトップのURLを入れるとすぐにできちゃいます!

QRコード作成 【無料】:QRのススメ:作成/URL

実際に作ってみた

f:id:urukurip:20171228175220p:plain

なんかそれっぽくないですか?

私的に、初めてにしてはちゃんとできた!って思っているのです。
お金がかかっているのは用紙代だけですからね。
もしこれで、リアルでも逆算手帳のお友達ができたら、最高じゃないですか!

作る過程

実はこれ、作るのにだいぶ悪戦苦闘しているのです。

最初はPCのペイントで作ればいいか、と思っていたのですが、実際に作ってみて印刷すると、”手作り”って感じがどうしてもしてしまうのです。旦那に見せても、いまいちな反応でした。「デザインはいいと思うけど」って必死にフォローしてくれましたが。なのでタブレットで作りました。

PCでベースだけ作って、タブレットのスケッチというアプリで作りました。

スケッチ - Google Play の Android アプリ

ベースを作ってからの清書みたいな感じだったので、アプリを使ってからはすぐにできました。

それでも諸々合わせて、2時間弱かかっています。

まとめ

思いつきで作ったわりには良くできたのでは、と思っています。

が、問題なのは、ちゃんと渡せるのか、ということです。これでいて、案外ビビりなので、せっかく作ったのに渡せずに終わってしまうパターンもあり得ますからね。だったら、10年GYAKUSANやっとけばよかった、ってなるかもしれません。

そうならないようにここに名刺を最低でも一人には渡す!と宣言しておきたいと思います。心残りがないようにリアルでの交流を楽しみたいと思います。

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク