チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

お掃除が終わろうとしているのに部屋が汚い理由と対策

こんにちは、ぴるくるです。

計画通りとはあまり行きませんでしたが、大掃除あらかた終わらすことができました。なのに、気が付いたらいつもいるリビングがきたない。。。

きたないというよりも、ものが散らかりっぱなしで、きたなく見えているのです。そこで、せっかくきれいにした部屋をどうしたら維持できるのかを考えてみました。

現状の把握

さて、まずは現状把握するために、散らかっているリビングを直視してみましょう。だいぶ勇気が必要ですが、これをしないことには何も始まらないのです。

f:id:urukurip:20171226144612j:plain

机の上にあるもの

  • 食事後のもの
  • 手帳関連のもの
  • 学校の製作物
  • リモコン
  • 娘のヘアバンド
  • 娘の指編みマフラー
  • 何かが入っていたであろうビニール袋(ナイロン袋)
  • ヘアピン
  • bluetoothイヤホン

床に落ちているもの

  • 郵便ポストに入っていたDM
  • 私のカバン
  • 娘の脱ぎ散らかしたパジャマ・靴下
  • 洗濯物の片づけ忘れたもの
  • 手帳関連のもの
  • ネックウォーマー
  • ドライヤー
  • 図書館の本
  • 娘のジャンパー
  • ノートPC
  • 何かが入っていたであろうビニール袋(ナイロン袋)

部屋が散らかる理由

  • 郵便ポストに入っていたDM→すぐにゴミ箱に入れないから
  • 私のカバン→一応定位置?ちゃんとした定位置作らねば!
  • 娘の脱ぎ散らかしたパジャマ→注意してもそのまま
  • 洗濯物の片づけ忘れたもの→後で片付けようと思って忘れる
  • 手帳関連のもの→またすぐ使うから
  • ネックウォーマー→またすぐ使うから
  • ドライヤー→あったかい部屋で乾かしたいから
  • 図書館の本→私に読んでほしいから

ということで、まとめると片付け忘れと、すぐに使うと思って出しっぱなしにしている、ということで散らかっているのではないかと思われます。思われるとか言いながら、半分は自分のだから、そうなんですけどね。

娘には注意するけれど、自分でも片付けられていないダメなパターンなやつです。痛いほど現状を突き付けられたので、これからどうしていくべきか、対策を考えていきたいと思います。

対策を考えてみた

”すぐ使うと思って出しっぱなし”の対策

これは定位置が遠いから、”すぐ使う”という言い訳をもって片付けないのです。ならば、仮に近くに定位置を設けてしまおうと思います。

見た目はちょっと悪いのですが、こんなぐじゃぐじゃな状態よりはだいぶましになると思いますので、やる価値はあるでしょう。

ちょうど娘の片づけ用に買っていたBOXが2つ余っていたので、それをそれぞれ私用と娘用にします。

f:id:urukurip:20171226150418j:plain

A4プリントも入るので、大きさ的にもちょうどいい感じです。これにとりあえず出しっぱなしになっているものを放り込んでいきます。これで、こまごまとしたものは片付きました。

次!これに入らないような大きいものの場合はどうしたらいいでしょうか?やさしいママが全部片付けてあげればいいのでしょうか?残念ながら、我が家にはそんなやさしいママはおりませんので、あくまで自分の分は自分で片付けさせようと思います。

そこで考えました。我が家のリビングでは、人をダメにするクッション→娘、座椅子→私の定位置となっています。なので、朝、床に散らばっているものを、娘の分はクッションへ、私の分は座椅子へ放り込みます。帰ってくると、その放り込まれたものを片付けないと座れない仕組みにしてみようと思います。

これを毎朝10分だけリビングの片付けにしたら、否が応もなく片付いていくというものです。

 残る問題

まだ懸念している問題があります。それは娘が帰ってきてクッションにのっているものを、横に置くだけで片付けないのではないかというものです。

娘の性格を考えると80%ぐらいの確率でそうなるでしょう。

では、どうしたらいいのか。。。
そこは、一緒に片付けるのを手伝いましょう。全部を私が片付けるほうが楽なのはわかっていますが、娘自身に成長してもらいたいので、そこは時間をかけて付き合う覚悟を持とうと思います。面倒くさいよりも、片付けてきれいなお部屋がいい!と思えるまで、二人して頑張ろうと思います。

まとめ

私自身片づけが苦手なので、どこまでできるかわかりません。でも逆算手帳のWish List100にも”すっきりした部屋で年を越す”と書きましたので、叶うように頑張っていきたいと思います。

来年はきれいなリビングが当たり前になりますように。

ということで、今日もToi Toi Toi!

 

 

スポンサーリンク