チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

自分へのプレゼントノートを作りました

こんにちは、ぴるくるです。

先日ご紹介した武井さんの大人の育て方を見てから、自分へ知識のプレゼントを習慣づけたい!と思うようになりました。それからはどんな風にしたらいいのか、いろいろ考えてワクワクしていました。そして、1冊のノートを買い、自分へのプレゼントをノートにまとめることにしました。今日はそんなノート選びからノートの利用方法、記念すべき1ページ目をご紹介したいと思います。

www.urukurip.com

ノート選び

今まで100均のノートを使っていました。まだまだページも残っていて使おうと思ったら使えました。でも、自分へのプレゼントだと思ったら、もうちょっとちゃんとしたものを選ぼうと思いました。ちょっとだけ背伸びをしたかったのです。

そこで文房具売り場を見て、うんうんうなりながらも1冊のノートに決めました。

f:id:urukurip:20171018175125j:plain

 

ミドリ MDノート<A5> 方眼罫

ミドリ MDノート 方眼罫

 

決めた理由は5つ。

  • 白だったから
  • A5サイズだったから
  • 方眼だったから
  • 糸綴じだったから
  • そこそこの値段(800円ぐらい)だったから

逆算ノートが白いので、一緒に持ち歩くことをイメージして白いノートを選びました。正直ほかのノートよりも書き心地が全然ちがう!とは言えないのですが(←私が鈍いだけで、わかる人にはわかるもんだと思います)上記の理由より納得して買うことができました。

ノートの表紙はいずれカスタマイズしようと思っているので、後日できたら紹介しようと思っています。

ちなみに中表紙はこんな感じにしました。

f:id:urukurip:20171021073002j:plain

自分への戒めのために署名しています。

ノートの利用方法

 どこのサイトで読んだのかは忘れてしまったのですが、これはすごくいい!と思ったやり方がありました。その後逆算手帳のfacebookのグループでの投稿によりバレットジャーナルと呼ばれるやり方みたいです。バレットジャーナルで検索したら下記のサイトが最初にヒットしたので載せておきます。

海外で話題の最新ノート術「バレットジャーナル(Bullet Journal)」を試してみた! | 自宅で学べるZoomオンライン講座のつくり方

やり方

以下のやり方は最初に見たサイトを参考にした使い方なので、厳密にはバレットジャーナルではないのかもしれませんが、こういう使い方もあるんだ、ぐらいに見ていただくと助かります^^

  1. 最初のページにindexを作ります
  2. ノートの下にページ番号を振ります
  3. 2ページ目にその月の日付を書いていきます
  4. 1日1ページ以上その日自分にプレゼントしたい知識を書き込みます
  5. その書いたページ番号を3のページに書きこみます
  6. 月が替わったら3からまたはじめ、1のページに該当ページを書き込みます

f:id:urukurip:20171020173832j:plain

f:id:urukurip:20171021073335j:plain

記念すべき1ページ目

f:id:urukurip:20171020173532j:plain

こちらは私がコーチングに興味を持つきっかけとなった本「ザ・コーチ」という本に書かれている内容です。こちらの内容は逆算手帳にもとてもリンクする内容となっているので、まだ読まれたことがない方は是非読んでみてください。

 

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 この本の内容について復讐がてらブログの方にも書きたいと思っています。そのための下地としてノートにまとめた内容をいくつか書いていきたいなと思っています。

まとめ

まだ始めたばかりで、習慣づいたかも怪しいのですが、自分へプレゼントだと思うと、学ぶことがとても楽しく感じます。また、勉強することによって、いかに自分は何も知らなかったのか、という気づきも得られました。無知の知を知ることができたんだと思います。1日1ページを目標に、自分へのプレゼントを続けていきたいと思います。

ということで、今日もToi Toi Toi! 

スポンサーリンク