チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

不安障害がひどくなった時にやった4つのこと

こんにちは、ぴるくるです。

金曜日の夜、ちょっと大変でした。
出張から帰ってきた旦那さんの様子がとてもおかしかったのです。先週は3日間の出張だったのですが、お薬を持っていくのを忘れてしまったらしいのです。

 金曜の夜

不安障害と診断され1年以上がたっているのですが、いまだに薬を飲み続けています。普段の調子はだいぶ良くなっているのですが、薬を飲まないと不安になるそうなので、そこは病院の先生の判断にお任せしています。たまに薬を飲み忘れることはあるのですが、調子のいい時は全然気にしていませんでした。

しかし、最近会社でストレスが増えているらしく、精神的に不安定な状態での出張&薬を忘れるということが起きてしまいました。気温差に体調も乱され、帰ってきた旦那さんはとにかくガッチガチに固まっていました。

1.お風呂に入れる

とりあえずガッチガチに固まっている旦那さんを何とかしなければ、と思いお風呂に入れました。旦那さんがお風呂に入っている間に娘を寝かせつけました。寝かしつけている間に旦那さんがお風呂から出てきたのですが、音を聞いているだけで尋常ではない感じがしました。娘もただならぬ気配におびえながら寝入りました。

娘が完全に寝たことを確認してから、旦那さんの部屋へ行きました。

2.ゆっくりした音楽をかける

旦那さんの部屋では「聞くだけで自律神経を整うCD」を聞いていました。

聞くだけで自律神経が整うCDブック

聞くだけで自律神経が整うCDブック

 

しばらく聞いていなかったのに、よっぽど追い込まれているのだということを感じました。呼吸は浅く、お風呂に入って温まったはずなのにガチガチに固まっていました。薬はお風呂から出てすぐに飲んだみたいでした。

3.話を聞く

旦那さんは薬を持っていくのを忘れたこと、会社が嫌であること、体調がすこぶる悪いということを話してくれました。お風呂からあがって、すぐに薬を飲んでいました。しかし、まだ薬がきいていないのか、ネガティブな考えに襲われているみたいでした。

「会社辞めるぐらいなら〇ぬ。もう決めたんだ」「年齢的にも転職なんて考えられない」「ずっとこうだったから、会社が変わったって変わることなんかない」とネガティブな発言が次々と出てきました。私はただただ聞くだけ。肯定も否定もしません。「そうなんだ」と相槌をうつだけです。
一通り話し終えたのか、今日は一人で寝たいということで話が終わろうとしていました。私は最後に「今言ったことはすべて病気が言わせているのだからね」と伝えました。

トイレに行くというので付き添っていきました。

そこで各々の部屋へ行くつもりが、放っておけなくてまた旦那さんの部屋に付き添っていきました。

4.くだらない話をする

薬が効いてきたのかちょっとずつ落ち着きを取り戻してきたみたいでした。私はBGMを聞きながら、「この曲って青の洞窟で聞いてるイメージだなぁ」と話しました。すると旦那さんは「青の洞窟っていったら、冷凍パスタだよね。食べたいな」とかえってきました。「ちょwリラックスさせようと思ったのに、何それw」と笑ってしまいました。旦那さんもつられてだんだん軽口を言い合えるようになりました。

 

我が家では不安障害のことをサイアークと呼んでいます。

f:id:urukurip:20170911163226p:plain

サイアーク

※画像はHPからお借りしました。
これは娘が前に見ていたハピネスチャージプリキュアというアニメに出てくる敵キャラの名前です。サイアークとチョイアークがいます。憎めないかわいい敵なのです。

不安障害病気といった言葉自体がネガティブ感がすごいので、二人の共通認識するアニメキャラに代替えすることによって、ちょっとでも軽く、ちょっとでも客観的に病気の話ができるように持っていきます。「またサイアークが襲ってきちゃったんだね、最悪だったね」とか「サイアークが早くチョイアークに降格したらいいのにね」とか。

気が楽になったのか、出張の疲れが限界だったのか、「今日は眠れそうだ」と言って寝てくれました。呼吸もだいぶゆっくりできるようになっていました。

まとめ

トイレに行く前までは、大丈夫なのか不安でしたが、軽口をたたけるまでには回復できていたのでよかったです。翌朝はいつもの旦那さんに戻っていて、娘とも遊んでくれていました。

心の病気の回復期は危ないとはよく聞くのですが、病気がひどいときの症状を見てしまうと、こちらも焦りますよね。でも、できるだけ平静を保ち、相手の話をよく聞いて、呼吸をゆっくりできるように誘導してあげるのがいいみたいです。

今回の情報が何かのお役に立てられたらうれしいです。

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク