チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

Points of You®の魅力について語ります!

こんにちは、ぴるくるです。

土曜日にPoints of You®(ポインツオブユー)の講座にオブサーバー(傍観者)としてお邪魔してきました。6月に受講して以来で講師が違うので、どのようにPoints of You®を使うのかを楽しみにして参加してきました!

そして思ったのが、本当にPoints of You®の使い方はいろいろあるんだなぁという気づきでした!そんな気付きを得たので、今日はあなたに私にとってのPoints of You®の魅力についてお話しさせてください!

f:id:urukurip:20170822164656p:plain

 Points of You®との出会い

私は以前からホラノコウスケさんのブログをよく見ていました。

ホラノコウスケ、語る | 本物のマインドマップ、Points of You、ライフハックを名古屋から全国へ

ホラノさんが発する情報はどれも楽しそうで、マインドマップなども本を買ってきて真似事をするようになりました。そして以前からPoints of You®の情報は発信されていたのですが、最近になって夢の実現化に向けて動き出した私にこれだ!とはまったのでした。

以前ご紹介したオンラインサロンのライフエンジンでもPoints of You®のエバンジェリストが何人かいらっしゃったので、体験会受けていなくても大丈夫かどうか、楽しいのかどうかを聞いてみました。答えはすべてYES!ならばやるしかない、と思いホラノさんが東京で講座を開催するということで申し込みました。

体験してみて感じたPoints of You®の魅力

Points of You®は本当に不思議なツールで、写真カードを使って自分の中の自分では見えていないものを引き出してくれます。人の視界って180度ぐらいあるのですが、注視できるのは36度ぐらいの狭い範囲になるそうです。

※イメージ図

f:id:urukurip:20170822153400p:plain

情報は黄緑色の部分も脳には蓄積されているのですが、自分の意識としては注視していることしか覚えていないのです。だから自分の力で考えていることは水色の狭い部分からしか考え付かないのですが、実際には黄緑色のところまで考えることができるのです。ではどうやって黄緑色の部分を含めて考えることができるようになるのか?

Points of You®を使うのです。いったん考えたい課題は置いておいて、写真カードをよぉーく見て、自分には何が見えるのか、何が気になるのか、どんなストーリーが考えられるのか、どんなにおい、感触が想像できるのかを考えます。五感をフルに使って想像するのです。ただただ目の前にあるカードを見て想像するだけなのですが、その想像をするときに自然と黄緑色の領域の情報も引き出されるのです。それも考え込むのではなく、自然と出てくるのです。時にはう~~ん、となってしまうこともあるのですが、答えられないのではなく、言語として表現するとどうすればいいのか、ということで悩むだけなのです。言語にできたら次々と言葉が出てくると思います。

そこで、”あ、私はこんなことを考えられるのか”という、自分からでた言葉に自分で驚くことになるでしょう。写真カードから連想することによって自分の考えを客観的に見ることができるのです。そうなって初めて自分の課題と向き合い、自分で解決方法を導き出していけるのです。

その気付きが楽しいのです!

そして、この写真カードをほかの人と一緒に使うと自分のことを簡単に知ってもらうことができます。たとえば自己紹介の時。簡単に「この写真の〇〇のところが気になりました。」と伝えただけだとしても、Aさんには、「私も〇〇のところ気になった!」=共感が生まれて、親近感がわきます。またBさんは「え~私は△△のところが気になったけどなぁ」となって「なんで〇〇のところが気になるんだろう?」と興味関心がわくのです。人それぞれ違うということに簡単に気づかされます。

たいていの人は写真カードに関して「何が見えますか?」と聞かれても自分の中では当たり前だと思っていることを話しているので、なんの抵抗もなく話せるのですが、その問いに実は自分の個性が表れるなんて思ってもみないのです。実際に、同じカードを見せてもAさんとBさんは違うところが気になりますし、自分でもその時の気分、環境によって見え方が変わるので面白いですよ!

また写真カードを使って自分の意見を言い合うちに、その人なりがなんとなくわかってくるので、とても面白いのです。その特性を生かし、婚活パーティの場でも活用されるみたいです。自己紹介の時に「年収いくらです」と紹介されるよりも「このカードの×××が気になります」と紹介された方が、その人自身に興味がわいてくるのです。こんな風にちょっとした自己紹介だけでもこれだけの効果があるのですから、体験してみたくなったんじゃないですか?

こちらから全国で開催されている体験会に申し込めます↓

www.points-of-you-asia.com

まとめ

Points of You®の使い方はいろいろで、コミュニケーションツールとして使ってもいいし、自分の課題解決にも使えます。Points of You®の写真カードは心の鏡みたいな役割を担ってくれているので、相手を知りたい、自分を知りたいと思ったら使うことをお勧めします。何より、使っていて楽しいのでぜひ体験してみてくださいね!

私もそのうち体験会を開きたいと思いますので、開いたらこちらでご報告したいと思います。

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク