チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

はじめてお友達のお家に行く時の注意点

こんにちは、ぴるくるです。

実は先日の保護者会の後、娘の友達の家にお呼ばれされたので行くことになりました。小学校のお友達の家に行くのは今回が初めてでした。その時私が何に気を付けたのかお話ししようと思います。

f:id:urukurip:20170712164055p:plain

娘のお友達の家に遊びに行くまでの流れ

小学校に入って娘は誰も知り合いがいない状態だったのに、今ではお友達がたくさんできたみたいで安心していました。保育園時代はお友達の顔も大体把握していたのですが、小学校になってからは新しいお友達の顔を把握することが難しく思います。ただただ私の記憶力がないということもあるのですが、お友達の顔を見られる機会が、学童でお迎えに行く時に限られ、しかもお迎えの時間に残っているのは限られている数人だけという状態です。

しかし、その限られた数人のうちに娘によくしてくれるお友達が含まれていましたので、そのお友達のママさん(以下Aさん)に、思い切ってライン交換してもらいました。保護者会が近くなってきたある日のお迎えの時間に、Aさんに会い、娘同士が「今度遊ぼうね」と話し合っているようだという話をしました。お迎えに行く時間はいつも遅いので、保護者会の日に遊びに行ける日を相談しましょう、ということにしました。

保護者会の日、会が終わってひと息つこうと思っていたのですが、Aさんに話しかけられました。「(Aさんの)娘が今日(うちの娘が)お家に遊びに来るって言っているんですけど。。。」と言われました。私はいつ遊ぶかの相談をしようと思っていただけで、当日に遊びに行くことは想定外でした。しかしAさんはやさしく「よかったら遊びに来てください^^」と言ってくださいました。

グラウンドで遊んでいた娘たちも来て、「遊びに行ってもいい?」と聞いてきます。Aさんがいいならいいけれど、保護者会が終わってすでに16時になっています。しかも学校で育てている朝顔を持って帰らなければいけないので、いったんは家に帰る必要もあります。私がパニクっている間に娘が「じゃぁ、私だけ先に行くね」といって結局お邪魔することになりました。

お友達の家に行く時に気を付けたこと

一人で荷物を持って帰りながら一生懸命何をしたらいいのかを考えました。とりあえず16時だけれどもお邪魔しているのだから、お菓子は買っていかなければ!と思い、お菓子を用意することにしました。

とはいっても、家にお菓子のストックなどないので、コンビニに買いに行きました。普通に考えたら娘とそのお友達の分ということになると思ったのですが、確か娘の情報によるとそのお友達には弟君がいたはず!と思いだし、小袋に分かれているお菓子を3個、個装になっているグミを一袋、みんなで食べられるチョコクッキーを一袋買っていきました。

16時過ぎていたので、若干買いすぎかと思いますが、最悪小袋のお菓子は手土産として、あとで食べてもらえばいいし、と思ってのチョイスでした。

お家におじゃましてきました

連絡ミスで、ちょっとさまよったものの、私の家から自転車で5分の距離にお友達の家がありました。一軒家のお家で、とてもきれいでした。最初にAさんにお菓子をお渡ししました。念のため17時になったら帰ろうと思う旨も最初に伝えました。驚いたことに、お友達がもう一人いました。帰りがけに一緒になったらしく、そのまま遊びに来たそうです。私と同じくその追加できた子のママさんは家に帰ってからやってくるとのことでした。お菓子を多めに持ってきてよかったです。

娘はお友達の持っているおもちゃに興味津々でいろいろのぞいたりします。お友達の先導で2階にも上がっていってしまいました。結局すぐに降りてきて見える範囲で遊ぶようになりました。お友達はピアノは習っていないけれど、電子ピアノがあって片手だけど上手に”おさんぽ”を弾いていました。もう一人のお友達はピアノを習っているらしく両手で演奏して見せてくれました。娘は家に帰ってきてから「ピアノ習いたい!」というようになりました。

もう一人のお友達のママさんが来たので、大人は大人でおしゃべりするようになりました。3人とも娘が初めての小学生活ということで、わからないことだらけだということで話が盛り上がりました。話がちょっと盛り上がりすぎて17時を過ぎてしまったのですが、17時半前には切り上げてお暇させていただきました。

あとから気を付ければよかったと思ったこと

まず、娘はお友達の家で裸足で遊んでいました。Aさんには謝っておきました。娘は家では帰ってきてからすぐに靴下を脱ぐので、しょうがなかったとはいえ、申し訳なかったです。家に帰ってからお友達の家で遊ぶときは靴下は脱がないということを教えました。そしてできるだけ”来た時よりも美しく”の精神でお菓子のごみはちゃんと捨てる、ゴミ箱の場所を聞いておく、ことを教えました。

まとめ

今回は急だったのでお友達の家に遊びに行くときに注意することを、家に帰ってから話し合いました。

  • 家に上がるときは「お邪魔します」とあいさつする
  • 靴下は脱がない・汚い靴下ではあがらない
  • お菓子はできるだけ持っていく(食べ過ぎない・お代わりを要求しない
  • お菓子のごみは自分で捨てる
  • 出したものはきちんと片づける
  • 勝手にほかの部屋には入らない
  • 17時になったら帰る
  • 帰るときは「お邪魔しました」とあいさつする

たくさんあってすぐには覚えられないみたいですが、これからちょっとずつ覚えさせていこうと思います。お友達の家にはお友達の家のルールがあるっていうことも理解していってほしいと思います。そのうち家にも招待することになると思いますので、決まりごとは最初に作っておいた方がよさそうですね。

こうして子供の世界も広がっていくのでしょうから、家もいつでもお友達を呼べるようきれいにしておかなくては!!

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク