チャレンジの行く末

数々のチャレンジ&数々の失敗を赤裸々に記録していきます

多面性が理解できる人になりたい

こんにちは、ぴるくるです。

最近あるニュースを見て、物事には自分の知らない多面性が存在して、それぞれの意見があり、どちらが一方的に悪いとは言えないもんなんだなぁと、考えさせられることがありました。上手にまとめられる自信はありませんが、自分のための記録として残しておきたいと思いました。

f:id:urukurip:20170704101100j:plain

 気になったニュース

headlines.yahoo.co.jp

知っている人は知っているでしょうが、とりあえず雑に内容を紹介しますと、車椅子の男性客が車椅子ごと飛行機に乗り込むことはできず、同行者が介助しながら登るのも危険だからやめてほしい、と言われ、男性客は仕方なく自分の腕で会談を登って行きました。そしてその時の対応が悪かったと、バニラ・エア側が謝罪した、とのことでした。

このニュースを読んだとき、ただただ、へーそんなひどいことがあったのか、と思ったのです。LCCだから接客態度が悪かったのかな?ぐらいにしか、考えられませんでした。

そのあとに読んだブログ

そのあとにFacebookのタイムラインで流れてきたこちら↓のブログを拝見しました。

車いすで飛行機に乗る時は | いすみ鉄道 社長ブログ

こちらは航空会社側にたったご意見で、車椅子で飛行機に乗るということは安全面からいろいろ考えられていて、いろんな決まりがあるということを知りました。知らないルールがたくさんあり、車椅子の人がいきなり乗ってくるのも、安全面に配慮して、いろいろしなきゃいけないから大変なんだ、ということを知りました。

 この時点で、車椅子の人は事前に車椅子であるということを伝えなきゃいけないよなぁ、と思いました。

そのさらに後に読んだ記事

headlines.yahoo.co.jp

こちらを読んで初めて、LCCでは車椅子の人が事前に連絡すると断られているという事実を知りました。先ほど紹介したブログで知ったのですが、車椅子の人を乗せるには普通の人よりも経費がかかるからだと思われます。

しかし、車椅子の人だって、できるだけ安く移動したいと思うのは普通だと思います。そこで、車椅子だからと言って搭乗拒否されるのは、当事者からみるとおかしいと思うのは当然で、車椅子でも搭乗できるよう行動を起こしたまで、なんだと思うようになりました。

私は健常者で、車椅子生活をされている方の苦労を知っているか、というと、まったく知らないのです。経験しないと分からない、ではなく、まったく想像したことがないのです。そのことにちょっと愕然としました。車椅子生活をしている人は日常生活に普通にいます。すれ違ったことも何度もあります。なのに、思い馳せることが全くなかったのです。これから自分がそういう生活になる可能性はあるはずなのに。

ちょっとでも車椅子の人の気持ちを想像することが必要なんです。自分でなくてもすぐ隣にいる大切な人(パートナーや両親など)がもし車椅子生活を余儀なくされ、でも、旅行に連れて行ってあげたいとき、LCCが使えないって、結構金銭面で大変じゃないですか?車椅子だからとあきらめさせられますか?私の故郷は海を隔てたところにあるので、LCCが使えないとなるとつらいと思います。

 

まとめ

何かを行動を起こすことによって、改善策が得られたのなら、行動を起こす価値はあると思います。たとえその行為が事情を知らない人からバッシングを受けるようなことになろうとも、私は行動を起こした人を支持したいと思います。だってその改善策の恩恵を受けるのは将来の自分かもしれないし、自分の大切な人かもしれないのだから。

自分が当事者でないから関係ない、と思うのではなく、すでに当事者の方がいて、その待遇について日々戦っているということを知るということが大事なんだと思います。今回のことをきっかけに車椅子だけではなく、世の中には様々な問題を持つ人がいるということを、もっと知るということが大事なのかなと思いました。

知らない世界がいっぱいあるということ、知ったうえで自分が何かできることはないかを考えるということ。この話題は今後も考えていきたいと思います。とりあえず、考えるいい機会になったので記録として残しておきます。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク