チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

自然公園で〇〇捕ったどーっ!!

こんにちは、ぴるくるです。

私は徒歩5分圏内で蛍を見られるところに住んでいます。そこは菖蒲の池もあり自然が豊かな公園です。今日はそんな自然豊かな公園でいろんな生き物をキャッチ&リリースしてきたお話をしたいと思います。

きっかけ

小学校で3年生の授業で虫を捕りに行く授業があったみたいです。娘は学童で一緒に遊んでいるお兄ちゃん、お姉ちゃんから捕った虫を見せてもらって、興味津々になったそうです。近くによさげな公園もあることだし、行ってみようということになりました。

行こう!となったものの、うちには虫を取るための道具はなく、100均で道具をそろえることにしました。

用意したもの

  • 虫捕り網(100均)
  • 魚捕り網(100均)
  • 虫かご1(100均)
  • 虫かご2(100均)
  • 割りばし
  • ビニール紐
  • さきいか(コンビニ)
  • ゴミ袋(自分で出したごみは必ず持ち帰りましょう!)

虫かごは2つ買いました。

f:id:urukurip:20170627115246p:plain

娘は青い方を、私は黒い方を選びました。私は絶対黒い方もいる!と主張したのですが、娘は頑として青いほうだけでいいと言い張るので、私の分として黒い方を買いました。

いざ、公園へ

夜になると蛍が見える公園。その公園にはきっといろんな生き物もいるに違いない!
実は私の故郷は海の近くだったので、釣りはしたことあるけれど、周辺に田んぼはなかったので田んぼなどにいるの生き物に触れたことってない気がします。まぁ、田舎は田舎なので、虫にさわれるぐらいには生き物に対しての耐性はあります。(唯一Gだけはだめですが)

公園を散歩しながら、まずは何を狙うか、娘に聞いてみたところ、飛ぶ虫をとるかと思いきや、池にたくさん見えるオタマジャクシにする!というではありませんか。さっそく私の虫かごの出番です!ドヤ(・ω・´●)

オタマジャクシ

ということで最初に捕獲率の高そうなオタマジャクシを狙います。菖蒲の池をよく見てみると、オタマジャクシがたくさんいました。娘は飛ぶ虫を捕まえる用の虫取り網でえいやっ!と何も考えずに突っ込んでいました。案の定逃げられて、何も捕まえられませんでした。

私は娘に「オタマジャクシをよ~く見て、ゆっくり網を動かすんだよ」「水だけでなく下の方からすくい上げるようにとるんだよ」と教えました。何回かチャレンジしたらとれるようになりました。10分後には虫かごいっぱいのオタマジャクシ。娘も最初は直接触ることをためらっていましたが、最後の方には自分でオタマジャクシをさわり、虫かごに移していました。オタマジャクシってつるんつるんしていて、手のひらにのせるとくすぐったくて面白いんですね。

娘と一緒に手のひらにのせて観察してみたのですが、まだ足は生えていないようでした。でも目はカエルの目をしていました。よく見ると結構かわいい!

虫かごいっぱい捕まえられたところで、リリースしました。

ドジョウ

オタマジャクシと一緒にドジョウの姿も見えました。しかしオタマジャクシと違い彼らは土の中に潜ってしまいます。見つけられはするものの、すぐに気づかれ逃げられてしまいます。オタマジャクシを捕ることで自信を付けた娘は、何度も挑戦し、2匹ドジョウをゲットすることができました。

ドジョウもつるんつるんしているし、うにょうにょ動くので、虫かごに移すのが大変でした。本当は娘には捕まえられないのでは、と思っていたのですが、娘の興奮した、満足そうな顔を見れて、よかったなと思いました。

こちらもオタマジャクシと一緒にリリースしました。

トンボ

菖蒲の池には何種類かのトンボを見ることができました。赤いのから青いの、太いのからほそっこいのまでさまざま。けっこうすばしっこく動いているので捕まえにくいかなと思っていたのですが、意外と道にも止まっています。

何度か止まったところを狙ったら捕まえることができました。捕まえるときに、公園に散歩に来ていたご老人に「今だ!」と声援をうけ、捕まえることができました。黒っぽいトンボでした。やっと青いほうの虫かごを利用するときがきました!池の中の生き物に比べて、トンボはジジジジジと動き回るので、娘は捕まえたものの、自分では虫かごに移すことができませんでした。しょうがないので私が代わりに虫かごへ移しました。

私もちょっとへっぴり腰でしたけど無事虫かごへ移すことができました。

娘はうれしそうに虫かごを振り回していました。かわいそうだから振り回すのはやめなさい、と注意しました。よほど元気なのか、ジジジジジとうるさいので、早めにリリースすることにしました。

ザリガニ

ここでやっと後から来た旦那さんが登場。旦那さんが来たので、3人でザリガニ釣りをすることにしました。コンビニでかってきたさきいかをつまみ食いしつつ、割りばしにビニールひもを括り付け、その先に裂きイカをくくりました。なんて簡単な仕掛けなのでしょう。

f:id:urukurip:20170627172223p:plain

 

まず最初に連れたのは私でした!ドヤ(・ω・´●)池のふちの岩の影を狙って紐を垂らしていたら、すぐにつれましたw旦那さんや娘も負けじといろんなところで紐を垂らしてみるのですが、なかなかゲットならず。。。

近くの小川みたいなところに移動してやっと旦那さんも1匹ゲット!その小川にはほかにもザリガニがいたらしく、興奮気味に娘を呼び一緒につっていました。釣りって、結構忍耐が必要なのですが、娘はひもを垂らした瞬間から「まだ?」「まだ?」と聞いてくるしまつ。釣りを通して忍耐というものを学んでくれたらいいな、と思いました。そして、旦那さんの誘導のもと、無事に一匹ゲット!

その間私と旦那さんはもう一匹ゲットしていたので、二人だけずるい!といいだし、娘に最後の一匹をつらせるためあちこち探しました。

そして最後につれたのが、アメリカンザリガニ!!

ほかのザリガニに比べるととても大きい!

f:id:urukurip:20170627173021p:plain

最後の最後に大きいザリガニが連れて満足した娘でした。

まとめ

以上が実際にとれた生き物たちでした。本当は私カエルやらトカゲを捕ってみたかったのですが、すばしっこすぎてゲットならず。そのうちリベンジしたいと思います。他にも、虫を捕りに来ていた子と自然と情報交換したり、公園に散歩に来ていたご老人たちの声援を受けたりと、地域の交流もできてのどかな休日を過ごせました。また、お友達誘って捕りに行けたらと思っています。

ということで、今日もToi Toi Toi!

スポンサーリンク