読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャレンジの行く末

数々のチャレンジ&数々の失敗を赤裸々に記録していきます

親と子のずれを考えさせられたGWでした

こんにちは、ぴるくるです。

GW終わっちゃいましたね。小さいお子さんをお持ちの方々は平日の方がほっとできたんじゃないでしょうか?私は、どこに行っても人 人 人で疲れてしまいました。

反省を込めてGWをちょっと振り返りたいと思います。

いろんな経験をさせたい親心

GW中茨城旅行に行きました。茨城は旦那さんの実家があります。
お義父さんはいろんなところに連れて行ってくれます。今までも袋田の滝、ひたち海浜公園、大洗水族館、増渕魚園など行きたいと言えばどこにでも連れて行ってくれます。ありがたいことです。その中でも、前回行った増渕魚園での魚釣りは大人も楽しめるので、また行きたいと思い連れて行ってもらいました。

しかし、開園時間ちょうどにいったところ、すでにたくさんの人(車)がいて、入れなさそうだったので、近くのガラス工房シリカに連れて行ってもらいました。

小さな子供でもいろんなものが作れるのでおすすめの場所です。

娘は夢中で40分で2つの作品を作っていました。

娘は自分で作ったものを大事に大事に持っていました。

いい体験をさせてあげられてよかったです。

 

しかし、よかったのはここまでで、移動時間が長いので、途中から寝てしまいました。自然がいっぱいのダムにも連れて行ってもらったのですが、娘は興味がないらしく、あまり楽しそうではありませんでした。

娘の興味のあることとは

 帰ってから、娘に今回の旅行で何が楽しかった?と聞くと、

  • お姉ちゃんやお兄ちゃんとかくれんぼしたこと
  • お家で卓球したこと

と言われました。

かくれんぼ

帰省すると、旦那さんのお姉さん家族が遊びに来てくれます。高校2年生になる姪っ子と、中学1年生になる甥っ子が、お年頃であろうに娘と遊んでくれるのです。みんなで晩御飯食べた後に子供たち+私+旦那さんでかくれんぼをしたのです。結構本気で隠れて、私も楽しかったです。

卓球

お義父さんが押入れから、昔旦那さんが中学の時の卓球ラケットセットをみつけて、使わせてもらいました。ラケットはひとつだけだったので、壁打ちをさせてもらいました。初めての体験で、うまくいかなくても、とても楽しそうに遊んでいました。娘はこれもらっていい?とお義父さんにきいて、持って帰ってきました。うちはマンションなのでピンポンボールは使わず、ゴムボールで壁打ちできるようにしました。

親と子のずれ 

ガラス工房での体験は安くはありません。親の心情的にはガラス工房での作品作りと言ってほしかった。でも、子供は素直です。自分が楽しいと感じたものはよくわかっているんですね。確かに娘は作品作りの時よりも、かくれんぼや卓球の時の方が楽しそうに笑っていました。

私も小さいときに両親にいろんなところに連れて行ってもらいました。全国制覇できるんじゃないか?!ぐらい、たくさんのところに連れて行ってもらいました。でも、小さいときにはわからないんですよね。文化遺産があーだこーだ言われてもなんのこっちゃ?と思うしかなく、ただただ移動が長くて退屈だった記憶しかありません。旅行自体のわくわく感は好きでしたが、移動時間は退屈でいつも寝ていました。そんなことよりも家族でいること自体が好きでした。

親が思っていることと、子供が思っていることって違って当たり前なんですよね。見えている世界が違うのだから。

これからできること

娘に楽しかったことにあげられなくても、体験させたことは無駄にはならないと思っています。親にできることは、子供には見えていない世界に連れて行って、いろんな選択肢があるということを見せてあげることだと思っています。なので、これからもいろんなところに連れ出していこうと思っています。

 

あと、できるだけ娘の友達と土日でも遊べるように、親同士のコミュニケーションもとっていかなければいけないなと思う今日この頃なのでした。

ということで、今日もToi Toi Toi!

 

スポンサーリンク