読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャレンジの行く末

数々のチャレンジ&数々の失敗を赤裸々に記録していきます

入学グッズに名前書くのめちゃ大変!便利なお名前シールを利用しよう!

こんにちは、ぴるくるです。

ようやく小学校生活に慣れてきたので、入学グッズすべてに名前を入れなきゃいけない問題を振り返ってみます。

けっこうしんどかったので、これからの人は覚悟しておいた方がいいですよ!

f:id:urukurip:20170418170031p:plain

学校からの通達

入学説明会でもらってきた資料に、「お子さんの持ち物はすべて名前を書いてきてください」というものがありました。

これは幼稚園や保育園でもあるので、当たり前の通達だと思っていました。

ただ、保育園で持っていくものと、小学校で持っていくものの数や大きさの違いを知らなかったので、とても甘く考えていました。

 

名前が必要なもの

  • 手提げかばん
  • 上履き
  • 教科書・ノート

ここまでは普通だと思います。

  • 筆箱
  • 鉛筆×5本
  • 赤鉛筆
  • 消しゴム
  • ノリ
  • はさみ
  • 色鉛筆(1本ずつ)
  • 数字ブロック(1㎤のもの×20こ)
  • 数字ブロック版2種類計7枚

とまぁ、小さくて細かいものにも一つ一つ名前を書いていないといけないのです!!

これ、かなりしんどかったです!!

あってよかったお名前シール

 

時代はとても進化しているのですね。
我が家では子供の希望により、ベネッセのチャレンジ一年生というものをしているのですが、そこの付録として、名前シールというものがついてきました。

大中小合わせてさまざまな形の名前シールがありました。

それにプラスして、ベネッセさんでは会員以外の方でも、応募したら必ずもらえる名前シールというものがありました!今は応募が締め切られていて見られないのですが、毎年キャンペーンをしているみたいなので、ぜひ応募することをお勧めします!

小さくても粘着力は強いし、水にも耐性がある素材で作られているので、本当になんにでも貼れて便利です!

鉛筆に一本一本シールをはっていくのは大変でしたが、いちいち書くよりはよっぽど楽です!!DMがうっとうしから嫌だというのもわかりますが、これだけはおすすめします!!

まとめ

名前シールを自作するにもシールシートのカッティングなど、本当に手間です。テプラーもあるとは思いますが、量産しないといけないので大変だと思います。ここはもう、無駄な労力は書けず、出来合いのものに頼るのがいいと思います!
私はもらった名前シールで何とか乗り越えられることができました。応募してもらった名前シールだけでも、小物類は十分補えました。(大き目のはちょっと足りないかもしれませんが)

ここさえ乗り切れば、あとは楽になると思いますよ☆

ということで、今日もToi Toi Toi!

 

スポンサーリンク