チャレンジの行く末

座右の銘は”やるかやらないかではなくやる!” 夢に向かってチャレンジしていきます!

保育園のアルバム係ー写真集め~管理ー

こんにちは、ぴるくるです。

保育園のアルバム係のお話です。

アルバムっといっても保護者から先生に感謝の気持ちを込めて贈る2冊だけのアルバムです。去年はアナログなアルバムで、昔ながらの大きいアルバムを送られたそう。

先生から見本をお借りしたのですが、大きくてかさばるからフォトアルバムにしようということになりました。その中で今回はどうやって数十人から写真データを集め管理するかを決めました。

環境

うちの保育園の年長さんは22人。

LINEでママさんのグループができています。

一部LINE不参加。

前に話した時PC操作が苦手な方が多数。

 

データを集める

最初googleフォトで提供してもらうことを考えましたが、

googleのアカウントをとってもらう必要が出てきたので、断念。

みんながしているLINEで送ってもらうことにしました。

窓口を一人(私)にして、送ってもらいます。

できるだけ高画質のままもらいたいので

LINEの写真を選んだ時にオリジナル画質を選択し、送ってもらいます。

f:id:urukurip:20161206143833p:plain

 

データの保管

そのもらったデータはすぐに端末にダウンロードします。

そしてダウンロードしたらgoogleフォト(以下フォト)に入れます。

 

データを集めるのには不向きと判断したフォトですが、データを管理するにはとても楽なのです。

容量の心配をされる方もいらっしゃいるかと思いますが、端末からフォトにアップロードした写真はアプリのメニューボタンを押して

f:id:urukurip:20161206155648p:plain

「空き容量を増やす」を選択すると重複しているデータを端末から消してくれます。

これをこまめにやることで、容量オーバーにはならないかと思われます。

LINEのkeepという機能もあるみたいなので、追いつけないときはkeepを使うかもしれません。

LINEのKeep(キープ)機能の使い方──写真・動画・ファイル等の保存方法と見方、消し方などを解説 | アプリオ

 

管理者は私ともう一人のアルバム係だけ。

さいわい、もう一人のアルバム係(今後Aさん)はgoogleのアカウントを持っていましたので、共有編集者として登録できました。

データの共有方法

1.共有するアルバムを作る

f:id:urukurip:20161206144649p:plain

フォトからアルバムに入れたい写真を選び、

右上のバーにある+ボタンを押し「アルバム」を選択

タイトルを入力して完了

 

2.共有者を登録する

 共有したいアルバムを選択し、右上にある「共有」ボタンを押す

f:id:urukurip:20161206150113p:plain

共有する人を登録

f:id:urukurip:20161206145503p:plain

 

データの管理

集めた写真は公開用と非公開用に二つのアルバムを作ります。

公開用

公開用のアルバムはリンクのURLをはれば、そのURLを知っている人だけに公開することができます。

やり方は先ほどの共有者の登録時に出てきた「リンク取得」ボタンを押し、そこに出てきたURLを共有したい人に教えるだけ。

f:id:urukurip:20161206150828p:plain

これにはgoogleのアカウントは必要ありません。

LINEのボタンもあれば便利なのですが、ないのでURLをコピーしてLINEグループのノートにはっておきます。公開するのはイベント写真のみ。

すでにある写真の提供を防ぐため、公開することにしました。

また、保護者にとっては自分の持っていない写真を見られるのもうれしいと思います。

非公開用

非公開用には個人ページに貼る写真を管理します。

私はillustratorやphotoshopを持っていないので、編集はAさんにしてもらうことになりました。

お互い働いているので、データのやり取りするためだけに時間をさくことはできません。なのでクラウドを利用し、お互いが好きな時に見れるようにしました。

データのダウンロード

 こちらはフォトブックを作った時に使ったテイクアウトを使います。

www.urukurip.com

 

まとめ

とりあえず、まだ実行に移していないのですが、ここまでのことを決めました。個人情報の保護のため、保護者の方には十分に取り扱いの注意をしておかないといけません。間違ってもツイッターなので共有アルバムのURLをはらないよう注意しようと思います。

また進展があればその過程をご紹介しようと思いますが、今日のところはこれまで。うまく行きますように。

 

スポンサーリンク