読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャレンジの行く末

数々のチャレンジ&数々の失敗を赤裸々に記録していきます

健康ゴールド免許について思うところ

こんにちは、ぴるくるです。

最近体重が減ったのですが、

単純に筋肉量が落ちたんだろうと思って

素直に喜べない、今日この頃、

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回はこちら↓の記事を読んで、思うところを

www.asahi.com

個人的に思うところを書き連ねたいと思います。

興味のない人は呼び飛ばしてください。

最初は素直にいい案だと思いました。

 

この人↓もこういう切り出しで話せば、よかったのにとも思いました。

www.j-cast.com

 

健康を維持する努力はとても大切だと思います。

暴飲暴食、自堕落な生活は自己責任であるとも思っていました。

「健康ゴールド免許」は非常にまっとうな政策だが、エスカレートはしないでほしい - Outward Matrix

↑こちらの記事から一部抜粋

目の前の誘惑におぼれ、健康を害しまくってあとで後悔する人がいるのもまた事実。そういう人たちを「自業自得」と切り捨てるのではなく、「健康になるように努力しなよ、そうしたら医療費下げるよ」というインセンティブを与えるというのは、非常にまっとうな政策ではないでしょうか。

そう、そうの通り!!と思いました。

 

でも、この記事を読んで違う見方をするようになりました。

tsutomu-uematsu.hatenablog.com

 

飛躍解釈なのかもしれませんが、この法案って

税法がお金持ちの人に有利に作られているように、

この案もお金があって、健康体の人に有利なように作られていくんだろうなと。

 

私は今幸いなことに健康体であります。

体脂肪-3%の目標を達成すべく、これから糖質制限をして

体質改善していきたいと思って目下勉強中です。

 

ですが、いつまで健康体でいられるかわかりません。

いつかは病気になるだろうし、

いつか事故にあって身体障碍者になるかもしれないし、

いつか精神障碍者になるかもしれません。

自分の努力だけで、健康体を保てるとは

思えなくなりました。

 

そのきっかけは旦那さんが不安神経症になったことだと思います。

すぐ横で病気になっていくことを止められませんでした。 

 

そこで初めて気付いたのです。

健康体ではなくなった人にとっては

暴飲暴食をしないと自分を保っていられない理由があったのかもしれません。

他人の目から見たら自堕落な生活にうつることをしている人は

実は「生きる」ことを必死に頑張っている人かもしれません。

人にできることが、できないからといって

頑張っていないとは言えないことを知りました。

 

実は周りにそういう人がいっぱいいたのです。

同僚、友人、実兄。

近いはずなのに何も知ろうとしていませんでした。

すぐ横の本当の本当に大切な人が病気になって初めて知ろうと思えたのです。

 

調べる過程で知ったブログ↓が大変参考になります。

www.sayulog.com

 

見えないだけで、必死に頑張ってる人は

思っている以上に多いのではないでしょうか。

 

健康を保っているから良しとする判断は単純で分かりやすいように思います。

でも、わかりにくい人たちは利益を受けることができません。

障碍者手帳、生活保護があるじゃない!

と思うかもしれませんが、対象外のグレーゾーンにいる人は

まだまだたくさんいると思います。

 

医療費が嵩んでいるから、今回の政策が出たのもわかるんですが、

環境のせいで働けないのなら、環境を整備して

働けるように促すことの方が必要なのではないでしょうか?

その方が、医療費だけ払い続けるより、

所得税の回収がプラスされ、働きたい人が働けて

win-winの関係になれると思います。

 

 

 要するに何が言いたいのか

結果ではなく、

原因を考えてください!!

もっともっと下に降りてきて、

現場をみて、医療費あげている原因を

環境を調査してほしいと思います。

 

頭の中でぐちゃぐちゃになったまま言葉にしたので、

支離滅裂な気はするのですが、

以上が私の思うところであります。

 

 

スポンサーリンク