読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャレンジの行く末

数々のチャレンジ&数々の失敗を赤裸々に記録していきます

保育園でババ抜きをしない理由

今日は娘から聞いてへぇ~って思ったのでご紹介します。

 

年長になった娘と、これまた雨の日対策の暇つぶし用に

新しくトランプを買いました。

保育園でもトランプゲームをするらしく

何がしたい?と聞くと「ババ抜き!」と答えました。

「私と娘しかいないので、つまらないよ」

と言っても、「ババ抜きがいい!」

というので、やってみました。

簡単にやり方を説明し、わかっているみたいなのでやることに。

 

カードを配り終わり、自分のを処理をし、

手持ちのカードが多いので娘のも手伝っていると

ジョーカーがある!」と言って娘が泣き出しました。

え~~っ そんなことで泣く?!と思いつつ、

ババ抜きとは、相手にカードを取らせたり、

とったりするハラハラ感を楽しむゲームなんだよ!と説得し、

ぐずぐずする娘相手にとりあえずゲームをし

(わざと)私が負けるようにして終えました。

 

勝ってうれしかったのか、またやりたい!!と言い出したので

2ゲーム目することに。

奇数の山の方をあえて先にとり、また泣き出すのを予防!

しかし、途中でババを引き当て、またぐずる。。。

今度はわざと負けることはせず、真剣勝負→私の勝ち!←大人げない。。。

 

「もう、ジョーカーがあるのがいやだ!」

?!え~~っっ?!

駄々をこねるので、それじゃぁジジ抜きやる?

というと「???」になっていたので、やり方を説明。

 

すると「保育園でそれする!」と。

「保育園ではこういうやり方しかしない!」と。

 

なるほど!!

保育園でメジャーなババ抜きではなく、ジジ抜きをする理由。

それは、すぐにジョーカーを見てババとわかるババ抜きだと

泣き出しちゃう子も出てくるので、

最後までどれがジジかわからないジジ抜きの方をやらせるのですね!

 

今日のこの過程を受け、すぐに理解することができました。

保育園の先生、いつも子供のわがままに付き合っていただき、

本っっ当に感謝しています!!

 

子どもと遊ぶのって大変ですね。。。^^

スポンサーリンク